スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

ろう☆がい

 今晩は、皆様はいかがお過ごしですか?
 最近風が強い日が多いですね、せっかく干した洗濯物が風で
 飛ばされてしまったり困った物ですね
 

 
 ※当チラシの裏に書かれていることは一部の方々に対する物であり 
  全体を指しているわけではありません、その辺ご容赦願います



 
 ニュースサイトを見て回っていると時々見かける言葉
 
 若者の○○離れ、今時の若者は、我々が若い頃は(
 無名の学者から著名なコメンテーターまで書いている人は様々だが
 共通しているのは若者批判である
 
 世代間の問題と言うのは何時の世もあるし、「今時の若い者は」
 などと言う言葉は遥か紀元前の石版にも書いてあるわけで今更なのではあるのだが
 
 色々な若者批判の記事を見てきて思ったことは、道徳として教わった事の
 正反対の事を行わないから批判しているようにしか見えな部分があることである
 例を挙げるとするならば
 個性を大切にしろ  その通りにする→ 我侭だ
 言われた事をやれ  その通りにする→ 発想力、自主性が無い
 大人しくしろ    その通りにする→ 活気が無い
 貯蓄は美徳     その通りにする→ 物欲が全く無い
 浪費はするな!   その通りにする→ 酒タバコ車風俗離れ
 テレビばかり見るな その通りにする→ テレビ離れ(これは純粋にテレビがつまらないからだが

 教え守れと言っておきながら、否定攻撃するという矛盾した行動をとり続けているように
 思えてならない、この様な押し付けがましい無意味な批判を繰り返せば
 後に残るものは世代に対する不信感と失望感しか残らないのではないだろうか?

 そもそも若い世代が消費を控え貯蓄している理由の一つに働けども給料上がらず
 長時間拘束され、生活していくのがやっとという現実がある、この件にたいして
 彼等世代は正面から向き合わなければ、何を言っても言葉遊びの枠を出ない
 そもそも高度経済成長の波に乗って上り続けるという経験の物差しで、現在の
 失速状態かつ閉鎖的な状態になっている日本を計ろうとするから的外れな
 批判にしかできなくなるのではないだろうか?
 
 
 偉そうに語る学者もコメンテーターもこの現在の情況を作り
 若者たちを育てたのは自らの世代である事を忘れているのだろうか?

 20070511117881778040300300.jpg

 
 また60代の暴行事件殺人事件万引きなどの盗難事件が増加傾向だと
 言うニュースが目に付くようになった
 今の60代、つまり団塊の世代の事なのであるが、実は昭和に比べると
 平成の少年犯罪件数は1/3程に減少しており、戦後一番少年犯罪が多発したのは
 昭和33年~36年である、つまり団塊の世代が中学生~高校生ぐらいの間に
 事件が多発していた事になる、そして今現在60代のその世代は20代の犯罪件数より
 60代の事件発生件数の方が多いという世界でも非常に珍しい現象を起こした
 若い時代に身についた暴力性は人生の成長を通じて抜けなかったのだろうか?


 若肉老食という言葉をご存知だろうか?
 ネットなどで少しずつ広まっている言葉なのだが
 老人たちが優雅な生活を過ごすために今の若者が搾取され
 疲弊しているという事を指すまあ文字の通りである

 ネット上では以前からこの若肉老食状態に怒りの声を上げている
 ブログや記事、書き込みを見かけていたが、最近ではリアルでも
 怒りの声を聞くようになった、それも一人二人ではない
 
 正直社会、世の中が危険な水域に達しているような気がするのは
 私だけだろうか・・・?

 20070526118011461954696800.jpg


 この問題はどのように解決を見るのだろうか?
 時間が全てを解決するとしてそれまで日本の社会構造が持つのだろうか?
 私個人は情況経過を観測するしか出来ないが
 社会不安や混乱などの原因にならない事を祈るばかりである 


 また長文書いちゃったよ
 てか か? 多すぎだよ・・・orz

 835.jpg


 一応補足:団塊の世代だろうと高齢者だろうと立派な人は大勢います
      勿論私も、尊敬に値するような人物とも大勢会いました
      ただ、一人の社会人として納得できない話も多いので今回このような
      内容の記事を書かせていただきました、あしからず
スポンサーサイト

| チラシの裏 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://m16a4m320.blog60.fc2.com/tb.php/11-818fb688

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。