スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

革命ごっこにご用心

―革命ごっこにご用心―

 今年もう半分経過しますね
 毎日暑い日が続いていますが皆様いかがお過ごしでしょうか
 数日前私の勤める施設の前の公園で中年の方が倒れ、近くにいた
 方が事務所に救援を求めてきてAEDをもって全力疾走いたしました
 幸い意識や呼吸はあり救急車ですぐ運ばれていきましたが皆様も
 体調の変化には気を付けてください
 AEDを抱えて走っているときに携帯電話を落とすなど多少のドジも
 やらかしましたが…w


 本題でございますが7月10日は参議院選挙ですが皆様はどの政党に
 投票するか決められましたか? 選挙なんか行きたくない、どの政党に
 投票しても同じと思われる方々もいるかもしれませんが民主党政権時の
 3年間を見ているととてもそんな事は言えないのではないかと思います
 どう判断されるかは皆様にお任せいたしますが・・・

 つい最近小学校から帰宅する小学生に「戦争になったらお父さんや
 お母さん死んじゃうよ、戦争は怖いよね」と声をかけて小学生に署名
 させていた共産党員が小学生の保護者や学校の教員に注意を受け
 たと言うニュースがありました、そのニュースをみて思い出したことが
 ありますので書かせていただきます。

 今から10年ぐらい前の話、私はでっかくて赤い運送業者に
 勤めておりました、何も知らない子供たちには愛されやすい
 職業でしたね、ネットの片隅のさらに端っこなこんなブログでも
 読まれる方がいたら幸いです

 その仕事では午前中の業務を終わらせると午後から他の部署の手伝いに
 行っていました、その部署には明るくて冗談が大好きな「おっちゃん」が
 いました、業務を終え一息ついていると寄ってきて冗談などを飛ばして
 来るような人でした、私は当時、非常に人間としては問題のある責任者
 の下で働いており、目立ちやすい(私はそんなことは思っていないが)の
 か目を付けられパワーハラスメントを受けていました、またボッチで
 カマキリ顔の古参に付きまとわれていました
 正直精神的にきつい日々にいつも笑って冗談を飛ばしてくる
 「おっちゃん」は親しみをもてる同僚だったのです

 そんなある日、休憩スペースに一息つこうとしたのですが先に「おっちゃん」
 がいました、挨拶して近くに座るとその「おっちゃん」はいつもと違った顔を
 して「これに署名してくれ」と署名用紙を渡されました私は最初何を言って
 いるのか解りませんでした、そして何に対して何を署名するのかもわかり
 ませんでした、とは言えいつも休憩室で笑っていた「おっちゃん」の頼みで
 あるし、私にも当然非はあるのですがパワーハラスメントを自分の部署で
 受け続けており精神的にまいっていた私は「おっちゃん」の圧力に負け
 署名してしまいました、あの時私はどんな内容の署名をしたのか、結局
 解らずじまいです

 それ以来「おっちゃん」とは挨拶以外はしなくなりました
 「おっちゃん」が話しかけてきても愛想笑いでやり過ごし
 休憩室でも極力近くにいないようにしました
 いつも笑っていた「おっちゃん」性格的に難がある人が多い中
 癒し系だった「おっちゃん」、愛されキャラだった「おっちゃん」は
 アルバイトにいきなり署名用紙を渡し内容の説明もせず
 署名を求めるような人、私にとっては危険人物になってしまった

 当時バイトであった私を安心させて仲良くなり信用させたところで
 自分たちの政治活動の為に利用する、そんな人間だった訳ですね

 後でわかったことなのですが「おっちゃん」は共産党を支持する社内非公認
 労働組合の組合員だったそうです、そのでっかい赤い配達業者には会社
 公認の労働組合が2つ(当時、現在は民営化を期に統合されました)に
 共産系の非公認組合が2つありました、そのうち「おっちゃん」が所属して
 いた方の組合は武装闘争とはいかないまでも管理者を鉄パイプで襲った
 事があるなど悪い噂が付いて回るような組合でもありました

 私の記憶では月曜日の朝礼で管理者が業務内容の改善を求めると
 一斉に管理者に向かって罵声を飛ばすような人たちでした
 また管理者たちには怒鳴りつけるのが得意な物騒な人たち、月に一度
 ロッカー点検があり、ロッカーの中に業務上取り扱うものが入ってないか
 管理者立会いの下ロッカーを確認するのですが絶対に拒否する人たち
 と言ったイメージでした
 10年前の話です、もう定年された方々も多いのではと思いますが。

 現在はでっかくて赤い配達業者さんも会社自体の形も管理も
 システムも大幅に変わり共産系労働組合がどうなったか
 わかりません、一応現在では昔と違い懲戒免職もしやすくなった
 と思います、だから彼らも大人しく仕事をしているのかと
 思いますが定かではありません、もう一つの方の共産系非公認
 組合がの組合員の若者たちが支店の前で朝、雇い止めをしないよう
 にとした内容のビラ配りなどやっている姿を他支店でも見ました
 とは言え警戒する管理者をにらみ挑発しながらビラを配る姿をみると
 とても賛同する気にはなれませんでした

 因みにこの非公認労働組合に所属していると正社員であっても
 (私に署名させた「おっちゃん」が所属していた方の組合はアルバイト
 の組合員はいなかった気がします)一切出世の道が絶たれることになる
 そうです、現在はどうか知りません、ただ常識的に考えると
 管理者を怒鳴りつけるような人は出世とかできませんよね
 この辺が一般的な民間企業との意識の違いを思い切り感じる
 所でありました
 
 この署名の件の以前にこの組合員から「30年働いて給料上がらな
 いっておかしいよな!」と給料明細を見せられたことがあります
 それでも明細の手取りは私の現在の2倍の給料額でした

 正直腹が立ちました、何も知らない新人や正社員登用制度を信じて
 入社した人たちが(私が退職する時は100中1人か2人ぐらいしか
 正社員に採用されなかった気がします、またそれも支店採用と言って
 本採用とは違う形だった気がします)売れもしない季節に関連した商品の
 なんかを必死に営業したりしている中、彼らは業務とは関係のない
 署名活動にいそしみバイト達が15-20万そこらをもらっている中で
 その倍の給料をもらっていたわけです
 (その商品の原価は書くのはやめておきます)
 
 私は思います、その「おっちゃん」のいた労働組合の活動について
 共産主義の理念を第一にするなら同一労働同一賃金などを唱えるべき
 ではないのかと、アルバイトの雇い止めを撤回させるために彼らは
 管理者に意見したという話は聞いたこともありません
 アルバイトを一人でも多く社員になってもらうために管理者と
 団体交渉をしたなどと言う話は聞いたこともありません、政治信条に
 口を出そうとは思いませんが職場で業務とは関係のない
 憲法9条、平和憲法、そういったものの活動はいかがなものかと
 一番発言権がなく立場的に弱いアルバイトに署名を半ば強制的にお願いするって
 なんなのでしょうか?平和ってなんですか? 労働環境の向上ってなんですか?
 正社員とはなんなのでしょうか?

 注釈:しつこいようですがあくまで10年前の話です
 
 私が辞める前にすでにその会社の職場ばブラック化が始まっていました
 組合がどうのこうのではなく営業だの売上だのそういった話で
 就職カウンセラーにこの話をしたとき、カウンセラーさんが、「あそこを
 辞めてここに来た人たち何人もいるけど労働環境が非常に悪いってねぇ」
 と言っていました、私のように心折れて見切りをつけて他の業種に
 行った人たちも多いおでしょうね

 その後他の忙しい支店に新規採用されそこで契約書には1時間と
 書かれていた休憩時間が30分も取れない毎日を過ごし、労働基準
 法とは一体何なのかと思うことが多々ありました
 それはまた別の機会に書くつもりです
 
 一労働者、契約社員の視点から今回の内容を書きました
 政治思想の違いなどは本題から外れる気がするのでここでは
 書かないでおきます

  
 最後に興味深かったのは組合員の一人が若いアルバイトに
 「テレビってのは大事な話ってのは報道しないんだよ、だから
 テレビなんか鵜呑みにしちゃダメなんだぞ」
 と説教していたことがありました、よく国士を語るような人たちも
 報道しない自由だの、マスゴミだの言いますが
 極右でも極左でも言うことは同じなんだなと思った次第です

 今回は政治活動がらみの署名の話ですが場合によってはもっと
 金の話とか宗教活動に巻き込まれてしまって損害を被った人たち
 も多いのかもしれません
 どこの職場でも当たり前の事ですが、笑顔で無条件で近づいて
 来る人には注意しなければいけませんね

 

 追記
 「おっちゃん」がいた組合と管理者に喧嘩を売りながら雇い止めがー
 と活動していた組合は合併したそうですwikiにも記事があり、グーグルに
 名前を入れるとちゃんと公式HPも出てきました、今でも非公認組合なので
 しょうか?この組合に加盟すると出世の道は閉ざされるのでしょうか?
 アルバイトで加盟すると雇い止めはなくなっても正社員の道は閉ざされる
 のでしょうか、なんとなく疑問がわきます
 一応スローガンに統一闘争だのみんなで戦うだの書いてありましたが
 平和憲法をまもり憲法9条を守るならまず戦とか闘争とかそういう言葉は
 使わない方がいいのではと思ったりします、彼らがよく言う「話し合い」
 をスローガンに添えるべきではないかと、この辺がやっぱりあれで
 アレな気がするんですよねぇ…

 まあそんな話は別に、外務の時給が上がっててましたね
 大変な仕事ですから給料が安いと募集を出しても人が来ない
 のでしょうかね


 今回は記事内容を鑑み、画像の使用は控えさせていただきます

| 愚考 | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。