スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

ダークネスの向こう側で

 7月ももう終わりですね、また8月が来るのかと思うと
 いろいろ気が重くなったりもしますがお盆休みが
 待ち遠しい方も多いのではないでしょうか


 何時からなのか思い出せませんが
 最近ストレスが処理できていない気がしてならない

 とにかく昔の出来事、過ぎ去ってずいぶん経つ出来事から
 今年に入ってからの出来事まで、とにかく思い出しては
 イライラすることが多い

 消したい記憶、忘れるべき事、振り返る価値すらない出来事
 うっかりやってしまった事、他人の悪意に晒された事、信じて
 いた者に背後からばっさりやられた事などいろいろ有るのだが
 それはいまさら何を言ったところでどうにもならないこと
 だらけで、今更思い出してどうするのかと自問自答するのみである

 毎朝寝床から這い出て一日の予定を確認する前に思い出し
 寝床で横になりちょっとした想像や妄想を楽しむ時間に
 思い出す、PTSDなどという深刻な心の病ではないのだが
 言葉や記憶が紐づけされていてちょっとしたことで【その記憶】が
 よみがえることが多い

 しかもイライラさせられる事の大半は本当にどうでもいいような話
 友人にけがを負わせたとか交通事故を起こしたとか11Fから墜落しかけた
 などという深刻な記憶のフラッシュバックはあまりない
 無駄な精神負担をかけるだけの行いがストレス耐性を上げるとも思えず
 なぜこんな状態になってしまっているのかも皆目見当もつかない

 私自身でも自分は心が狭いと思うことが多々あるが
 こんな状況がいつまでも続いたらストレスでどうしようも
 ないことが起きるのではないかと思ってしまうが

 
 nukooo09_img1211f023.jpg


 とりあえず石神井公園を散歩なりランニングでも始めた
 方がよいのだろうか、やまない雨はないというが
 心が晴れる日がまた訪れるのを待つべきなのか
 
 生活をレストア中なのだしあまり精神的な負担は
 いらないというのに

 まあなるようになるさ、気楽にいこうや
 不安は不幸を連れてくるだから、悪い方に
 考えるなと、いつも通り思うことにしよう




 カール・グスタフ・ユング(1875~1961)

 
 あなた自身の心を覗き見るときにのみ、

 あなたの視界はクリアになるだろう。

 外を見るものは夢を見、内を見るものは目覚める。





 

 もしかしたらアパートを放棄して自宅に戻った事が
 致命的なダメージを深層心理や感覚のない精神に与えている
 のかもしれない
 完全に縁が切れたと思っていた会社にどういうわけか厄介に
 なり、周囲は今度こそその会社で立派に勤め上げてくれると
 思っているのがうっとおしいと思っているのかもしれない

 その解決は自信の回復であるのは解っているのだが
 その道のりは長く険しいかもしれない、深層心理の
 奥底から前向きになれたらどれだけどれだけ救われる
 のだろうか


 

| チラシの裏 | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。