スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

5月の出来事

 これは何時誰にでも起こる話である(笑)

 5月27日月曜日の夜、Dドライブからエラーが
 が発生したと表示された、グーグルで状況を
 検索してみるとエラーチェックと修復をすれば
 治ると書き込みがあった、さっそく実行するが
 エラーチェックが途中で止まってしまい何時まで
 たっても修復が進まない、そして命令を実行しても
 作動しない、フリーズを連発する、本格的にイカれた
 事を悟った

 このPC某中国製のパーツをふんだんに使って製造
 されたアメリカの大手メーカー製である、3年も
 使えばどこかしらガタが出るのは分かっていたし
 そろそろ故障するかなと思っていたので焦ることも
 なかったのだが…

 とりあえずサポートセンターに電話することにしたが
 まず電話番号が解らない、メーカーHPで調べるが正直
 解りにくい、何とか番号を調べて電話する、電話にでた
 のは中国人、このメーカーをググると必ず書かれている
 問題点だ、前にサポートセンタースタッフの言うとおりに
 捜査したらPCがぶっ壊れたことがある、慣れは怖いものだ
 
 向こうの指示に従い操作しシステム修復を行い
 起動自体は問題はなくなったが腑に落ちない
 改めてエラーチェックをしてみるとまたフリーズ
 してしまう、問題ないと言い切るスタッフの意見を
 退けBIOSからのチェックを行ったところ「プーピー」
 とアラームが鳴りエラーコード 2000-0142 が出た
 その事をスタッフに告げると
 「HDDの物理的破損ですね、交換がしなければなりません」
 と言われる、入院決定だ。

 以前は破損個所さえ解っているならパーツ交換は自分で
 するのでHDDだけ送ってもらう事も出来たのだが今はすべて
 修理工場に送られる仕組みに変わったようだ
 グラフィックカードや電源ユニットなど補償対象外になって
 しまうようなカスタマイズしてしまうユーザーがいるからだろうか?

 まあそれが可能なら私も色々手を入れてしまいたい
 所であるのだが…


 そんなこんなで入院していたPCであるがこういう
 メーカー品のPC修理は7日~10日程かかるのが通例
 だが5日で帰ってくることになった、正直早い、補償に
 不安があることで有名なこのメーカーも悪評を払拭する
 のに躍起なのだろうか、今使っているPCも上に書いたとおり
 3年以上経過しておりそろそろ次のPCの購入を考えていたの
 だが次は何を買うべきか、自作という方法もあるのだろうが
 周囲に相談できる自作PCに詳しい人もいないし、メインPCを
 自作するコストもリスクも加味すると私のような素人には
 なかなか手が出ないものだ
 
 ゲーミングPCのスペックが天井知らずに上がっていく中
 そこらの家庭用PCのスペックは3年前の物でも十分すぎる
 訳で、ネットを繋いで楽しむだけならタブレット端末や
 携帯ゲーム機のネット機能でも問題ない範囲である
 
 今は金の用意と情報と見積もりそして
 夏が終わるのを待つ事になるだろう。

 それにしてもPCもネットも簡単に始められ
 一歩足を踏み込むと酷く深い物になったと
 私は思った、前からそうだと言われたら
 その通りなのだが…




 前使っていたPCを引っ張り出したのだが
 実はそのPCもぶっ壊れていた件、やれやれ…


 【お詫びと訂正】
 PSVISTで記事を書くとミクシーで書きましたが
 諸事情により後日改めて書かせて頂きます
 はふぅ…


 因みに中国製パーツがー中国人がーと
 書きましたが人種差別ではなく中国製パーツは
 正直壊れやすいというのと日本語を勉強された
 方々とは言えどうしてもたどたどしく意思の疎通
 がしにくいという意味ですからね、あしからず。

| 閑話休題 | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。