スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

泥棒の夜

 季節は9月になりましたが秋の足音は全く聞こえませんね
 早く涼しくなって欲しいですが、快適な秋はまだまだ先でしょうか
 ごきげんよう、皆様いかがお過ごしですか?

 これは今日私の住む家の50m先で起きた事件です

 
 夕方仕事から帰って来た親父が散歩に出かけ、たまには
 親父と世間話でもしようと思いその後を追いかけた、のんびり
 話しながら家の路地まで来たところ背後にある酒屋のほうから
 「うるせえー!」と叫び声、何かと思って振り返ると自転車に乗って
 ダッシュで走り出す中年男、その背後には酒屋のおばちゃんが
 おばちゃんはヨタヨタ走りながら大声で「ドロボー!ドロボー!」と
 叫ぶ

 親父と私は「えっ?」「えっ?」目の前の状況が理解できないでいた
 親父が自転車男に指を指し酒屋のおばちゃんに「ドロボー?」と聞くと
 おばちゃんは頷きながら大声で「そそ、ドロボー!」と叫んだ

 その瞬間状況を理解した私は全力追いかけ思わず叫ぶ
 「まて、このやろー!」
 真後ろから大声が聞こえたせいか中年男はさらに自転車の
 スピードをあげた、サンダルだったのと私のウェイト的な問題で
 中年男に追いつくことが出来ず諦めようとした時だった
 
 「どうしました?」
 子供用のイスを後部につけたママチャリに乗った
 やや日焼け気味で薄っすら髭を生やした若い男性が
 聞いてきた、私は逃げる中年男を指差して「アイツ
 泥棒なんですよ!あの逃げてる奴あのおっさん!」
 そう叫んだ、若い男は頷くと中年男を追っていった


 もしかしたらあの人が捕まえてくれるかもしれない
 そう思ったのだかその時冷静に考えた、中年男とは言え
 相手が暴れたらあの若い人だけで大丈夫か?と
 そう思いまた追いかけたのだか先の十字路で見失ってしまった
 これ以上は追跡は無理と思い酒屋に向かった


 酒屋のおばちゃんは常連客と話をしていて怒り気味だった
 「あったまきちゃうわ~」と何度も言っていた
 酒場のおばちゃんに捕まえられなかった事を詫び家に戻り
 夕飯を済ませると、また表通りに出た、酒屋にパトカーが
 止まっていたので酒場のおばちゃんが通報したのかと思い
 少し離れた所から眺めていた、すぐパトカーは走っていき
 これで終わりかと思っていた時だった
 常連客が私を指差し「あのお兄ちゃんだよ、泥棒追いかけて行ったの」
 と言い出した、私はそこに向かい、軽く会釈すると
 常連客が話し出した


 泥棒の中年自転車逃走犯が逮捕されたらしい

 逮捕したのは若い男性だとの話

 あの若い男性は泥棒中年を追跡し追い詰め身柄を確保したのだった
 正直驚きだった、若く体力があって相手が中年男だったとしても
 人間一人を確保する事は難しいと思う、私も全力で追いかけたとき
 もしこいつが暴れたらどうしようか、と思ってしまった
 普段近所を散歩する時でも携帯電話は持っているが
 今日に限って携帯電話を持っておらず、万が一通報する
 事も出来ない状況だったのだ

 何してるの君


 常連客の話によれば、中年男は70歳ぐらいで実は
 壮年男だった、盗まれた物はカップラーメン1個と
 日本酒だったそうで若い男性に身柄を確保されかけた
 時は近くに落ちていたものを持って暴れたらしい
 だが若い男性はそれを制圧した

 泥棒中年は既に最寄の警察署に連行され、店のおばちゃんと
 若い男性は事情聴取のため警察署に輸送された、若い男性
 は仕事に出勤中であったという

 
 70ぐらいの男性がカップラーメンと日本酒を窃盗し
 店のおばちゃんを恫喝し逃走した
 なんとも情けない話であるが、それだけ
 世の中が不況と言う事なのだろうか
 出勤中にもかかわらず暴れる中年に立ち向かい
 恐れることなくその身柄を確保した若い男性の勇気は
 表彰されるべきものであろう

 かくして残暑厳しい夕方、私の家の目の前で起きた
 泥棒騒ぎは幕を閉じた

 comren20935.jpg


 最近では逆恨みによる犯行と言う物もあり
 その辺り少し不安であるが…

| 日記 | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。